教員のお金事情

【給与明細あり】部活動手当はいくらもらえる?

マスオ

こんにちは、マスオです

30代で教員を退職し、

現在、事業を起こして

家族と楽しく暮らしています

マスオ

このブログでは、

・教員という仕事に悩んでいる人

・教員を退職したいと考えている人

向けに有益な内容を発信していきます

公立学校の教員が部活動を行うことで得られる報酬(手当)

いくらぐらいだと思いますか?

1日5000円?

1日3000円?

1日1000円?

よく、

部活動指導はボランティアです!

むしろ赤字なこともあります!

なんて言う人もいますが、

実際の給与明細を基に、単価と毎月の手取り額を公開します。

このブログは、こんな人におススメです

  1. 学校の部活動手当の額が知りたい人

いくらもらえる?部活動手当

部活は日当計算

部活動手当は都道府県によって違いがあるかと思いますが、
概ね同じくらいの金額かと思います

私の自治体での手当額は、、

3300円/日 ・・  休日に3時間30分以上、部活動に従事した場合
2200円/日 ・・  休日に3時間30分未満、部活動に従事した場合

いかがでしょうか?
思ったよりも安くありませんか?

この部活動手当が、教員の時間単価を引き下げている主な仕事の一つだと
私は考えています

大会などで引率して、一日部活動を行った場合も

3300円 です

8時間の拘束時間だとしたら、

時給412円です…

毎月どのくらいもらえる?

この後、私が勤務していた時のある月の給与明細を公開します

「日額特殊勤務手当」というのが部活動手当のことです

この月は16500円でした

毎週土曜日に4時間ほどの活動でした。

この月は日曜日を全て休みにしていたので、
他の月に比べて負担は少ないです

20代の若い頃(まだ働き方改革の考えがまったくない頃)は、
休み無く活動していたときもありました

休日なく活動して、月26000円ほどです
※その時代は2900円/日と、今よりも安い単価でした。。

給与明細を公開

それでは公開します

まとめ

部活動指導は日当で約3300円〜2200円くらいの単価になります

働き方改革が進みつつある現場では、月4、5回従事して16000円ほどの手当額になります

もらえるだけマシですが、時間的拘束、安全配慮などのストレス、保護者対応を考えると

割に合わないな、と感じます

負担感と報酬のギャップは大きいのです

令和5年度から、文科省も部活動についての取り扱いを大きく変えようとしているようですが、やりたい先生方がより良い報酬のもと活動できるようになるといいと思っています

マスオ

最後まで読んでいただきありがとうございました

この記事を読んでの感想や、悩み相談を受け付けています

悩み相談・質問はこちらから